最近、キレイになった?

13/13
268人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ
空耳だったらどうしよう。もしかして私、酔って寝ちゃってる? 瞬時に色々な言葉が頭を巡る。 どうしよう。 でももし――― 「夢なら醒めちゃダメ……」 思わず口からこぼれた言葉に、頭の上からぶはっと笑う声がした。 「ひとの告白、夢オチにすんじゃねぇよ」 くくくくっと彼が笑う度に、背中に回る腕も上下する。 「あの…南雲?」 「うん?」 「本物?」 思わずそう訊ねると、南雲は一瞬固まってから、ぶはっとまた吹き出した。 「やっぱり最高だな、おまえ」 「褒めてないでしょ……」 「じゃあさ、試してみる?」 「え?」 「俺が夢か本物か―――」 (どういうこと?) 首を(かし)げたと同時に、街灯の光が(かげ)った。 「っ、」 頬に温かなものが触れ、軽く音を立てて離れていく。 「な、な、な、……」 右頬に残る柔らかな感触。そこに手を当てて真っ赤になる私に、南雲は甘く囁いた。 「おまえ、最近、キレイになったよ―――俺のおかげだな」 「な、な、なんで?」 「恋をするとキレイになるんだろ? 」 (それってまさか―――) 私の気持ち、バレてたの? 疑問符が浮かび上がったと同時に、私の唇は温かな感触で塞がれた。 【了】
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!