その勇者。めっちゃ美人で世界最強なんだが、どこかヌけてる

勇者さーん。冒険行くのに装備忘れてますよー というようなお話です

波瀾 紡

49分 (29,224文字)

10 47

あらすじ

俺は実家の宿屋で働きながら、Sランクの支援魔導師を目指している。 ある日宿泊した客が財布を失くしたと言う。その客は「世界最強の勇者」を自称する、超絶美人剣士だった。 宿代を稼がせるために俺はソイツと

感想・レビュー 1

読みやすい

公開されている所まで読んだので感想をば。 一人称を上手く使いこなしているなとの印象を受けました。 設定も程よく練られているだろうことが、ストーリーから読み取れるのもGOODだと思いました。 今後の
1件1件

この作者の作品

もっと見る