【1:その勇者、財布を失くす】

1/1
22人が本棚に入れています
本棚に追加
/19ページ

【1:その勇者、財布を失くす】

「はぁっ!? お金がない!? 無銭宿泊かよっ!」  俺は父が経営する宿屋で働きながら、魔導師を目指している。昨夜宿泊した人物が、チェックアウトの段階になって金が無いと言い出した。財布を失くしたと言う。 「そんな言い訳、信じられるかよ! 始めから無銭宿泊するつもりだったんだろ!?」  そいつは全身を覆う重そうな鉄製の鎧を着て、フルフェイスの兜まで被っている。だからどんな顔をしてるのかわからない。  わかるのは、決して大柄じゃない170センチの俺よりもだいぶん低く、かなり小柄ということだけだ。 「そんなことはない。何とかしてお金は払う」 「どうやって?」 「私が君に剣術のレッスンをするというのはどうだ? レッスン代を宿代に充ててくれ」  ──コイツ、レッスン代を取るほど、立派な剣士なのかよ?  そう思って、改めて昨日コイツが書いた宿帳を見た。そこには『スカーレット・ネーチャー』という名前が書いてある。  そして職業は『勇者』、年齢は19歳。それにしては子供みたいな声だ。  マジか? こんなに小柄なのに勇者?  あっはっは、嘘だろ?  ステータス透視ができれば一目瞭然なのだが、残念ながら俺はまだできない。だが、どう見ても嘘くさい。 「いや、そもそも俺は剣士なんか目指していないし、レッスンを受ける意味がない」 「そうか……それは残念だ……少年は何を目指しているのだ?」 「少年って呼ぶな。俺はもう17歳だし、アッシュ・ブライアンという名前がある」 「ほう、17歳か。私と2個しか変わらないのか。すまなかったなアッシュ。それでアッシュは何を目指してるんだ? ずっと宿屋の店員か?」 「いや……俺が目指してるのは、支援魔導師だ」 「ほぉ……いいじゃないか、支援魔導師」 「まあ、俺なんてBランク魔法士で、まだまだだけどな」 「そうか。誰にでも可能性はある。Sランク目指してがんばれ」 「ああ、ありがとう」 「では私はこれで……」  心に染みる優しい声だ。コイツ、案外いいヤツかも。 「……って、待てええええーっ!! お前、出て行こうとしてるけど、宿代はどうするんだよっ!?」 「ああ、そうだったな。すっかり忘れてた」 「嘘つけ! わかってて、バックレようとしただろ-!?」 「いや、ホントに忘れてたんだ。すまない」  その偽(?)勇者は、突然フルフェイスの兜を両手で脱いで、そしてペコリと頭を下げた。兜の中から出てきたのは──  ──えっ? ええっーーーっ!?  それは、サラサラと長い金髪で、長いまつげ。目がぱっちりとした、超絶美しい女性の顔だった。いやそりゃもう、びっくりするくらいの美女だ。 「お……女?」 「ああ、そうだよ」 「お前は……ホントに勇者なのか?」  あまりの美人! しかもそれが勇者だなんて! 「ああ、そうだよ。世界最強の勇者だ」  ──なに?  こりゃまた大きく出たな。  嘘くさ過ぎて、コイツは(にせ)勇者確定だ。同じつくなら、もっと信憑性のある嘘をつけよ。コイツ、美人だけどバカだ。  と言うものの……コイツ、安っぽい鉄製アーマーを着てるし、ホントに金を持ってなさそうだ。どうしようか…… 「そうだ、お前。ホントに勇者だってんなら、宿代は、今から何か依頼仕事をして、その報酬で払え。この町のギルドに案内してやる」 「なるほど、それはいいアイデアだ! 助かる! アッシュは頭がいいな!」」  ──いや、お前が抜けてるだけだろが。  それに背中をぽんぽん叩くのはよしてくれ。美人にボディタッチされたらドキドキしてしまう。 「お前ホントに大丈夫か? 自信はあるのか?」 「ああ。『All is fin(何も問題ない)e』だ」  ──なんだこいつ?  なんでいきなり外国語? 「いや……わかった。そうしよう」  もしもコイツがホントに勇者なら、一泊の宿代くらい半日で稼げるだろう。ホントに勇者なら……な。  もしもそれが嘘なら、そのままそこで王政警察に突き出してやる。  そう考えて、その『自称・世界最強の勇者』と共にギルドに向かった。
/19ページ

最初のコメントを投稿しよう!