【15:その勇者、どこかヌけてる】

1/1
22人が本棚に入れています
本棚に追加
/19ページ

【15:その勇者、どこかヌけてる】

「くそっ、もう一度だ!」  ネーチャーはまた死神(デスゴッド)に向かって走りだした。今度は直線ではなくジグザグ走行。  敵からの魔法攻撃とカマによる攻撃を避けながら、死神(デスゴッド)のすぐ前まで近づく。そして右手で剣を振り下ろしながら、左手から無詠唱で火炎魔法を放つ!  ──すげぇ、コンビネーション技だ!  たけど……死神(デスゴッド)はまたギリギリ寸前でよけて、手のひらからの攻撃魔法をネーチャーに当てた。最強のはずの勇者は、また吹っ飛ばされる。  あと一歩……あと一歩なんだけど、ほんの少し死神(デスゴッド)の方が強い。  くそっ……! これだけすごいネーチャーでも、やっぱり通用しないのかっ!?  立ち上がったネーチャーは、美しい金髪が乱れている。その髪を掻きながら、彼女は呟いた。 「うーん……このままじゃ勝てなさそうだね。やっぱりもっと力を出さないとダメか……」 「ほっほっほっ……あなた、面白いことを言いますねぇ……今までは力を抜いてたとでも? 私にはあなたが全力で戦っているように見えましたが?」 「まあ、そうだな。全力は出してた」 「じゃあこれから、強化魔法でも使うおつもりですか? 見たところ、あなたも含めて誰も強化魔法の使い手はいないようですがねぇ……?」 「そうだな。君の言うとおりだ」 「おーっほっほっ! 面白いことをおっしゃいますねぇ、あなたは。……ということは、もうお手上げってことですね?」  死神(デスゴッド)はにやにや笑ってる。勝利を確信してるのだろう。  でも悔しいけど、確かにアイツの言うとおりだ。俺たちには、もう打つ手はないのでは? 「いやあ。まだお手上げって訳じゃないぞ」 「何を言うのですかねぇ……強がりはそれくらいにしたらどうですか? いーひっひっ!」  死神(デスゴッド)の嫌味な笑いには答えずに、ネーチャーはなぜか突然、黒いタイツスーツの上を脱ぎ始めた。  な……なんでだ?  ──おぉぉぉぉっ!  上のタイツスーツを脱ぐと、ネーチャーの上半身は、革製の黒いビキニブラだけになった。  そしてやや小さめかと思っていたバストは、そうではなかった!  充分なボリュームで、美しい形をしている。 「ネーチャー……それは?」 「ああ、このタイツスーツは、凄まじい圧力で身体を締め付けるトレーニングスーツだ。これのせいで、だいぶ身体の動きが制限されていた」  ──マジか!?  あの重い鉄製トレーニング用アーマーだけじゃなくて、このタイツスーツもトレーニング用!? 「あ、だから……バストが小さく見えたんだなっ!」 「こらアッシュ! そんなどうでもいいことに感心するなっ!」  ネーチャーは顔を真っ赤にしてる。  そうだ。生きるか死ぬかの時に、気にすることではない。 「あ、ごめん、ネーチャー……」 「ま……まあいい。アッシュだから許す」  ──ん?  俺だから許す?  どういう意味だ?  あ……いやそんなことより。  こんなにのんびりしてて大丈夫か? 死神(デスゴッド)が攻撃してくるのでは?  心配してそっちを見たら、死神(デスゴッド)は固まってる。 「相手の動きを封じ込むホールド系の特殊魔法をヤツにかけた。魔法の名前は"ビジョノスハダ"だ」  ──いや、嘘だろ?  そんな魔法、聞いたことない。  でも俺なんかが知らない魔法も山ほどあるし、もしかしたらホントなのかもしれない。 「ただし同じ相手に一回のみ。私が服を脱いだ瞬間にしかかけられない。しかも効力は短時間だから、早く攻撃の準備をしなくちゃならない」  ネーチャーはそう説明しながら、続いてスパッツの方も脱ごうと、腰の部分に両手の指を差し入れた。しかしなぜかそこで、彼女の動きはぴたっと止まった。 「あ゛ーぁぁぁぁっ!!」  ネーチャーが突然、凄まじい声を上げた。どうしたんだ? 「ぱ、ぱ、パンツを穿いてくるのを忘れたぁぁぁぁ! これじゃ、スパッツを脱げないぃぃーっ!」  ──なんだってぇぇぇぇ!?  やっぱりこの勇者、どこかヌけてるぅぅぅ!!
/19ページ

最初のコメントを投稿しよう!