週末だけど予定がないから断捨離をする

1/1
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ

週末だけど予定がないから断捨離をする

 ……そういえば「断捨離」って、いつからある言葉なんだろう?  舞花(まいか)は掃除を中断して、スマートフォンに触った。  検索すれば、1分もかからず情報にありつく。この現代社会の便利さと、ひとり暮らしであることが、土曜の掃除がすすまない理由だ。  どうやら「断捨離」は2010年の流行語大賞らしい。10年前の流行語は、ぞっとするほどの死語もあれば、そうでないものもある。 「『リア充』もこの時代か」  舞花はダークブラウンの髪を耳にかけ、ひとり呟いた。  断捨離とリア充、どっちが死語? などと考えながら、表面が劣化したアクセサリーケースを開ける。ぼろぼろの合皮ケースの中には、クローバーモチーフのネックレスや、小粒の宝石がついたピンキーリングが眠っていた。  30歳の舞花から見れば、幼いデザインのものばかり。  見るだけで、懐かしさが喉につかえる。  アクセサリーを愛用していた10年前。舞花は「リア充」だった。  大学に通い、友達と川辺で花火をあげて、恋人からアクセサリーをもらっていた。好きなひと達に囲まれれば、なんでもできる気がしていた。  ……10年前の自分に教えてやりたい。隣のそいつと別れるよって。くっついたり離れたりを繰り返したあげく、破局するよって。  舞花は黒ずんだシルバーアクセサリーを見つめ、ため息をついた。  そして断捨離に戻った。  交際はじめに(つづ)っていた日記帳は、地獄そのものだった。 「『10年後も20年後も一緒にいたい』て、なんだ私」と毒を吐きながら、シュレッダーにかけた。  失恋直後に書いた非公開の日記アプリは、さらなる地獄だった。どうして恋はひとをイケてない詩人にするのか。目をつぶって削除するしかなかった。  掃除は日曜の朝には終わりを迎えた。  すっきり片づいた部屋に、ラベンダーオイルの香りが染みわたる。  舞花がグラスにアイスコーヒーを注いでいると、スマートフォンが震えた。 《やっぱり未練があります》  舞花が9年つきあった彼からだった。  ……こういうとこだ。こういうとこがもう嫌だ。ひとが決心した矢先に、水を差してくるようなところ。  コーヒーの中で氷が溶け、からんと音を立てた。   《私はもうありません》  短いメッセージを打ち込むのに10分もかかった。体感では、10年。    もう思い出すだけでいい相手だ。  この部屋には新しいひとを迎え入れるんだ。  次の10年後も一緒にいられるひとを。    まだ感傷的になっているなと思いつつ、舞花はコーヒーを飲み干した。
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!