10年後の君へ聞いてから

1/1
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ

10年後の君へ聞いてから

「しまこさんだいすきです。ぼくのおよめさんになってください」 「んー、それは10年後の君へ聞いてからにしよう」  だがしやのみせばんをしているしまこさんはそういって、ぼくのてをやさしくにぎってくれました。  このひをやくそくを、ぼくはぜったいにわすれません。 ◇ ◇ ◇ ◇ 「という訳で志真子さん結婚してくれますか?」 「……本当に聞きに来るなんて思わなかったよぉ」  駄菓子屋の志真子さんは、耳まで真っ赤にしてカウンターに突っ伏した。  なんか壮絶な奇声を上げたが、彼女のかわいさの前には関係なかった。  うむ。  10年前から変わらず志真子さんはかわいい。  とても3×歳とは思えないかわいさだ。  そんなかわいい志真子さんが涙目で顔を上げる。  泣いた顔もむっとした顔もかわいい。  なので、実質可愛さ2倍だ。 「しょーちゃん、こんなおばさんからかって何が楽しいの!? いいから高校生らしい青春しなよ!!」 「愛の前に年齢とか関係ないです」 「2倍離れてたら流石にあるよ!!」 「よく考えてください志真子さん。確かに今は2倍ですが、僕が20歳になるころ志真子さんはまだ30代。年々、差は縮まるんです」 「……なるほど」  って、そうじゃないよ、と、志真子さん。  お会計する台をバーンしてまた涙目だ。  お勘定はできるのに、年齢の勘定はできない。  うぅん、ポンコツ可愛い。 「またそうやって私を騙す!!」 「けど、志真子さんへの想いは本物なんです!!」 「ひん!!」 「すみませんその反応を狙ってた感はあります!!」 「そういうとこ!!」  もーとため息。  志真子さんはそれっきり、そっぽを向く。  むぅ。  まだ結婚できないのに結婚しようなんて失礼だったか。  僕、高校生だもんな。 「やめてよ。小さい頃から可愛がって、勘違いさせた私も悪いけどさ」 「勘違いじゃない!!」 「もう、お姉さんを少しは立て――」  ようやくこっちを見てくれた彼女が、再び視線を逸らさないように、僕はずいと詰め寄るとその手を握る。  空いている彼女の左手の薬指に自分の小指を絡めて、僕は言う。 「流石に十年後の僕に聞くのはまずいと思うんです」 「……まぁ」 「三年後の僕に聞いてこの気持ちが変わらなければ、結婚を前提にお付き合いしてくれますか?」 「……勝手にしなよぉ」  猫みたいに拗ねる志真子さん。  けど、耳の先まで真っ赤にした僕のかわいいお姉さんは、ぎゅっと薬指をしめつけてくるのだった。  3年後も、10年後も、この人を絶対に幸せにしろよ、僕。
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!