言の葉、8歳

1/1
28人が本棚に入れています
本棚に追加
/2ページ

言の葉、8歳

 大好きなピアノにおもちゃの剣を振り下ろした。  ジャーンと鳴る不協和音。  黒いピカピカのピアノにまっすぐ白い傷が走った。  分かってもらえないのが悔しくて。  分かってもらうための言葉が見つからなくて。  伝えたい気持ちがいっぱいあるのに、伝える術が分からない。悔しくて悔しくて、剣に気持ちをいっぱい詰め込んで振り下ろした。  傷を見ていっぱい泣いた。  何も分かってくれないパパにたくさん怒られて、また泣いた。  大人になってたくさん言葉を覚えたら、この気持ちを全部伝えることができるんだろうか。  8歳の僕。  父の日の思い出。
/2ページ

最初のコメントを投稿しよう!