作品との出会い

1/1
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ

作品との出会い

 私はこの作品に出会って、180度概念が変わったと言っても過言ではない。  作品名は『NG』、著作者は『黒猫』である。この作品で、『黒猫』氏と交流ができ、ミステリーに対する考え方、どのように考えているのかを、多角的にとらえるきっかけになった。  この作品を私が知るきっかけになったのは、コンテスト結果発表の一覧だった。  【犯罪・サイコ・サスペンスのキャンペーンの大賞】で、ミステリーとくれば、読まざるを得ない!  ミステリー好きとしての血が沸々と騒いでいた。  最初から引き込まれ、だんだんとスピードをあげてくる。頂点に達した時には、読者はもう逃げ出せなくなっている。  実にスピード感が内容に沿っており、巧妙で、自然と導かれて行く。  一度落ち着くまでの間には、ページをめくって行く手は止まらない。  自らが主人公になった気分である。  主人公が止まると、自らも止まり一息つける。  出会いはそんな始まりだった。
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!