メルネアーデは靡かない

このまま、予定通りに事が進むと思っていたのに。

柊。

恋愛 完結
9分 (5,178文字)
最後まで靡きません。

4 94

あらすじ

メルネアーデはその日、婚約者であるセイルに呼び出されていた。その場には、大勢の生徒が所狭しと駆けつけている。そして、しばらくしてセイルが現れ、口を開いたその時。甲高い悲鳴が響き渡った。

感想・レビュー 1

ネタバレあり。思ったこと

素晴らしい作品、有難う御座いました。 せっかく読んだので思ったことを少し書きます。 まず文章がしっかりしているなというのが第一印象でした。そして作品の起承転結(もとい、やりたい事)がしっかり描かれて
1件1件

この作者の作品

もっと見る

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2020/6/21