悪魔に降る雨

ザーザーと、小雨が聞こえる。ずっとだ。

イド

6分 (3,304文字)

4 149

あらすじ

テオドロは、間違いなくヴィルトゥオーソだった。 恐ろしいピアニストだった。 しかし師は言い放ったのだ。 『テオドロ、君は鉄だ。熱すれば煉獄のように熱く、冷やせば深淵のように冷たい。人は恐れおののく

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る