父さんは宇宙人

1/10
23人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ

父さんは宇宙人

 家に帰ると、宇宙人がいた。  シルバーのぴちぴちタイツを身に付け、逆三角形の顔を被っている。目の所は黒三角のメッシュになっており、身長は大人ぐらい。  小学四年生のぼくでも、これは人が変装しているな、と分かる完成度の低い宇宙人だ。 「トモ君、初めまして。今日から“お父さん”させてもらいます」 「え?」 びっくりして、肩に掛けていた水筒を落としてしまった。 「何、今の音? トモ、水筒壊れたんじゃない?」 母さんが玄関に来て、ぼくを見た。 水筒の心配より、混乱しているぼくの心配をしてほしい。 目の前の宇宙人は、どう見ても人間が仮装しているようにしか見えない。 「母さん、この人誰?」 「この人? ああ、自己紹介してくれたでしょう? この人は宇宙人のコスモさん。トモのお父さんよ」 「コスモさん、父さん……」 「トモ君、よろしく」 よろしくって……。 母さんは、これは決定事項です、と言う顔でぼくを見た。 「じゃあ、そう言う事だから。トモ、手を洗って来なさい」 ぼくはしぶしぶ洗面所に向かった。
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!