女船長と惑星の女

1/1
20人が本棚に入れています
本棚に追加
/21ページ

女船長と惑星の女

 イーティアは女船長だ。  どれくらい長い間そうしているのか、覚えていないほど長い間。  彼女の船は宇宙を旅する。  まもなく、ある惑星が船に近づいてくる。  惑星をかすめてゆくとき、船は惑星の周囲を取り囲む大気圏に接して、船底についた貝殻を落とす。  落ちるとき、貝殻は燃えて、下界で”星”と呼ばれる光になる。  光は、下界のそこここに、雪のようにふわふわと降り積もる。  惑星の人々は、それらを「流れる星」と呼んで歓迎した。  積もった光は、「星屑」とも呼ばれる。  流れる星には、願いを叶える力があると信じる人々もいる。  むろん、それは迷信だ。  それでも、大気へと流れ落ちてゆく貝殻が人々を喜ばせることを、イーティアは愛する。  人々の喜びは、人々自身を強くして、彼らが彼らの望みを叶えるのを助けるから。  小さな惑星に閉じ込められた人々は、本当は彼ら自身が恒星(ほし)であり、宇宙であることを知らない。  船長はじめ乗組員たちは、惑星とそこに住む人々を愛し、惑星をかすめて通るときには、非番の誰もが望遠鏡で惑星を眺めることを好む。  イーティアは惑星を見ていた。  そして、あるひとりの女に目を留めた。  女は、街に流れ落ちてくる星屑の光を、必死になって集めていた。  彼女の息子は、光を嫌っていた。  少年は、何かを見ることを恐れ、闇にくるまれて、ただ眠ることだけを願う。
/21ページ

最初のコメントを投稿しよう!