横浜山手の宝石魔術師Ⅱ

横浜山手地域を舞台に、美しい宝石魔術師と紡ぐ物語(第Ⅱ部)

桜居かのん

4時間8分 (148,278文字)
とうとう最終章に突入です

551 9,900

あらすじ

洋館に戻ってきた朱音は、人気イラストレーターの健人、執事のようなアレク、そして美しい宝石魔術師である冬真とまた過ごすようになり、少しずつ冬真も朱音に対して向き合い方を変えていく。 朱音の想いは?そして

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品