祭り囃子が弾けて

離ればなれだった兄弟が、星の加護の下、契を結ぶまで。

山下真響

BL 完結 過激表現
9分 (5,371文字)
流れ星に願いを込めて。

8 627

あらすじ

帰郷した村で響く祭囃子。引き寄せたのは遠い昔から定められた縁。降ってきた星に導かれるままに手繰り寄せる二人の願いと未来。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る