1. お見合い相手が美形でした

1/3
1920人が本棚に入れています
本棚に追加
/23ページ

1. お見合い相手が美形でした

「お見合い?」 「そう。『楓子(ふうこ)ちゃんはまだ23歳だから早い』って私は言ったんだけど、パパが話に乗り気なのよ」    母と二人だけの夕食後、話があると言われ、改まって聞かされたのがお見合い話だった。相手は『取引先の社長の息子さん』だそう。私はかなりドン引きしていた。 「何それ……政略結婚みたいな?」 「それがね、お相手があなたに一目惚れしたんですって」 「はぁあ? どこで?!」  突拍子もない母の答えに私は狼狽えた。  父が小さいながらも会社を経営してるとはいえ、私自身はなんの取り柄もない平凡な会社員。父の会社とは全く無縁の広告会社でデザインの仕事をしている。  下っ端なので、ひたすらマウスをカチカチさせて、広告モデルの女優さんのお肌から、毛穴を無くす作業をしているだけの日々。  残業続きで、どこぞの御曹司に出会う暇なんかない。 「それが……先方があなたを見初めたのって、新宿駅なんですって」  ……全く、身に覚えがございません。
/23ページ

最初のコメントを投稿しよう!