第二十五部の肆『猪肉のカレー』①

1/3
529人が本棚に入れています
本棚に追加
/912ページ

第二十五部の肆『猪肉のカレー』①

 スッポンのスープで身体を温めてから。  次に出された角煮は、田城(たしろ)の食欲を掻き立てるものだったらしい。  目の前に出されてから、写真を撮った後に勢いよくひと口で食べ始めた。 「ほろっほろ!? え、柔らか!? 溶けた!!」 「ふふ。昼間に仕込みましたしね?」 「美味し!! 美兎(みう)っちの彼氏さんの料理マジ美味!? あ、えーと?」 「火坑(かきょう)と言います。呼びにくいようでしたら、店長でも大将でも」 「おお! 大将とかかっこいい!」 「ふふ」  酒は沓木(くつき)も含めて、美兎オススメの自家製梅酒のお湯割り。田城もだが、沓木も気に入ったらしく、ごくごくと飲んでいた。  しかし、相変わらず角煮は絶品だ。  蕩けそうなくらい柔らかいのに、口に入れたらふわふわであっという間に溶けてしまうのだ。なのに、脂身とは別の肉の部分はちゃんと歯応えがあって。  練り辛子をちょこっとつけると、鼻を通り抜けていく刺激がなんとも言い難い恍惚感が訪れる。  思わず、ぱくぱくと食べてしまえるほどだ。
/912ページ

最初のコメントを投稿しよう!