第四話 天方家の秘密

10/15
243人が本棚に入れています
本棚に追加
/93ページ
***  結月は黒い廊下に立っていた。  見慣れたそこは、天方家の一階の廊下だ。玄関からまっすぐに伸びて、両側には居間や台所がある。  家の中は静まり返っていた。電灯はついておらず、昼間だと言うのにやけに暗い。玄関扉に嵌め込まれたガラスの窓から入る光の四角が、くっきりと闇に浮かんでいる。  いつか見たような光景だ。ぼんやりと光を見ていた結月は、はっと我に返った。  どうして自分はここにいるのだろう。確か、さっきまで二階にいたはずだ。そう、二階の……客間に。  脳裏に映像が浮かぶ。  白い花。白い蚊帳の中に横たわる閑子。  呪詛を掛けられた閑子を助ける手助けをと、涼と共に客間にいた。  そして閑子の手に触れた、そのあと、は――?  結月は閑子に触れた手を見下ろした。  指の先に、何か汚れのような物がぽつりと付いている。赤黒いそれを拭おうとしたが、消えるどころか汚れは広がり、どんどん色が濃くなっていく。 「な……」  じわじわと指先が赤黒く染まっていく。まるで虫が這うように、細い線となって手の甲を覆っていく。 「いやっ……!」  もう片方の手で払うものの、消えることは無い。  ああ、これは良くないものだ。  分かったところですでに遅く、手の部分を赤黒い文字がすっかりと覆っていた。腕の方へと少しずつ広がっていくそれを、結月は為す術もなく見つめることしかできなかった。 *** 「――()加加(かか)呑みてば気吹戸(いぶきど)()す気吹戸主と云う神、根の国底の国に気吹放ちてむ、此く気吹き放ちてば根の国底の国に坐す速佐須良比売(はやさすらひめ)と云う神、持佐須良い失いてむ、此く佐須良い失いてば罪と云う罪は在らじと、祓い給い清め給う事を天つ神、国つ神、八百万神等共に聞こし()せと(まお)す……」  長い大祓詞を唱え終わった涼の額には、うっすらと汗が滲んでいた。  大祓詞は、奏上すればあらゆる罪や穢れが祓われ、どんな悪いものも落とすことができると言われている、もっとも強力な言霊だ。  だが、見下ろした先の結月の手を見て、涼は眉根を寄せた。呪詛は消えることなく、気配は濃厚になっていくだけだ。  確かに、今まで閑子の呪詛を祓おうと祓詞は幾度も口にしたが、うまくいかなかった。結月の身体に移せばあるいは、と考えていたが……。  涼は、知っている神道系の祓詞――三種(みくさの)祓詞、伊吹法、呪詛返しの秘言を試すが、結果は変わらなかった。  ……他にも試していくか。もしくは、呪詛の正体を見極める方がよいのか。  結月に呪詛を移した今、調べる時間は十分ある。涼は結月の向こうにある、閑子の身体を見やった。  痩せ細った死人のような身体。今度は、あそこに結月が寝ることになる。  これもまた、涼が考えていたことだった。呪詛を祓えなかった場合、閑子の身体を回復させるために、結月に呪詛を移して封じておく。その間に解決法を探すのだ。  非情な考えだとはわかっている。しかし閑子を助けるには、これしか――。涼が拳を強く握った時だ。 「――涼さん」  哀しい声が、襖の向こうからした。 *** 「涼さん、もうやめてちょうだい。お願いよ」  閑子の声だ。  涼は少なからず動揺した。  ――なぜ、閑子が。  涼は、祓いを始める前に閑子の霊体を眠らせて、一階のある場所に隠しておいた。二階の客間に近づけさせれば、呪詛の影響を受けてしまうからだ。  眠らせて封じておいたから、閑子が自力でここに来られるはずがない。だとしたら――  襖の方を呆然と見やる涼の耳に、閑子の切々とした声が届く。 「漣くんが私を見つけてくれたわ。そして、全部教えてくれたの。……私、何も知らずにいたのね。あなたにずっと、守られていたのね。ごめんなさい。あなたにすべてを背負わせて、気づけなくて、本当にごめんなさい」 「閑子……」 「お願いよ、涼さん。結月ちゃんを私の身代わりにするのはやめて。……大丈夫よ、きっと他に方法は見つかるわ。だからここを開けて」 「……駄目だ」 「涼さん!」 「私が、君を死なせたくないんだ。君に……生きて、側にいてほしいんだ……!」 「……」  涼の声は珍しく感情に揺れて、掠れていた。  閑子がはっと息を呑んだ。やがて、震える声が答える。 「私だって、死にたくはないわ。もっと、ずっと、しわくちゃのおばあちゃんになるまで、あなたの側にいたいわ。……でもね、涼さん。たとえ生きていても、悲しい思いを抱えたまま、あなたの側にいたくないの。結月ちゃんを犠牲にして助かったって、そんなのちっとも嬉しくないわ!!」  ドンッ、と襖が鳴る。母さん、と漣が宥める声が聞こえてきた。  結界を破ろうとしているのか。弱った身体から切り離された霊体で、無謀なことだ。下手すると霊体ごと掻き消えてしまう。 「閑子、やめなさい」 「やめるもんですか! 涼さんのわからず屋! おたんこなすっ!! もうっ……一人で何でもかんでも背負って終わらせないで! 少しは私と漣くんを信用なさいっ」  ドンッ、とまた襖が鳴った。  びしりと一番外側の結界に罅が入るのが分かる。これ以上は、閑子の霊体に影響が出る。涼は咄嗟に結界を解いた。  直後、襖がばんっと開く。そこには、怒り顔の閑子と漣が立っていた。
/93ページ

最初のコメントを投稿しよう!