ルー・ガルー

満月の夜に現れる、怪物の物語。

白石 純

14分 (8,049文字)

20 429

あらすじ

ーーこの街には怪物がいる。満月の夜にだけ現れる、月の光に取り憑かれた存在が。 そして怪物を狩る怪物も、やはり満月の夜にしか現れないーー イケメンヒロイン応募作品です。

タグ

感想・レビュー 2

わくわくのバディ小説

ラピス先生とライカ君のバディが最高でした! 先生のまさかの正体と編集長の思惑が相俟って、ライカ君の苦労はまだまだ続きそうな予感がしてしまいます(笑) 先生の望みも叶うといいな💕(#^.^#)
1件

ヒーローって・・・

難しいですよね 設定が。この作品は狼人間同士の対決。ラピス先生という作家の締め切りを待つライカ君。なかなかハードボイルドチックで一気に惹きこまれました。ラピス先生のカッコいいところがうまく設定も含めて
2件

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品

もっと見る