recette1 自由の夢を描くペン・エクレア

1/22
42人が本棚に入れています
本棚に追加
/43ページ

recette1 自由の夢を描くペン・エクレア

 九月二週目の土曜日早朝、愛知県名古屋市……の隣に位置する彩遊市(さいゆうし)の一角に店を構える「魔法菓子店 ピロート」には、いつにも増して甘い焼き菓子の香りが立ちこめていた。 「八代(やしろ)、まだ『金のミニフィナンシェ』いるよね? どのくらい持ってくればいい?」  ピロートのシェフパティシエである天竺(てんじく)蒼衣(あおい)は、厨房と店内をつなぐドアから顔を出す。朝から焼き菓子を焼いていたためにこもった熱気と香りが、ドアから抜けていく。 「あと十袋分あると助かる!」 「じゃあ持ってくるね」  店内カウンターの中で焼き菓子の袋にシールを貼り続けているのは、ピロートのオーナー兼店長、売り子も兼ねる(あずま)八代(やしろ)である。蒼衣が持ってきたばんじゅうの中に転がっているのは、小さなフィナンシェ――ピロート名物「金のミニフィナンシェ」。八代は手早く袋に詰め、計る。賞味期限と原材料表示を印刷したシールを張り終え、ひいふうみ、と総数をカウントする。 「これで初日、大丈夫だろうか」  八代は山のように積まれたミニフィナンシェの袋を眺める。普段、自信のありあまる八代にしては弱気な発言に「珍しいね、君が不安がるなんて」と疑問が口をついて出た。 「一周年記念を盛大にやって、もしもお客さまがこなかったら、って僕は結構不安なんだけれども」  ピロートは今日で開店一年を迎える。今日から三日間、一周年フェアを行う予定なのだ。先ほどまで八代が用意していたミニフィナンシェは、フェア期間中、店で買い物をしてくれたひとにおまけで付けるものである。  開店してからというもの、思い返せばいろいろな出来事があり、常連と呼んでも差し支えないお客もできた。しかし、店の「特別」に来てくれるかどうかまでは、わからない。店が愛されているか否か、残酷ながら今日、結果がわかるだろう。  故に、蒼衣はこの準備期間中も不安でしかたなかった。 「そこは心配してないけどな、俺」 「えっ」
/43ページ

最初のコメントを投稿しよう!