沈黙の日曜日

5/7
27人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ
 炒飯とスープをお腹に収めると、カーテンの隙間の外が少し明るくなっていることに気がついた。カーテンを開けてみる。いつの間にか雨は止んでいた。太陽が昇り始めていて、瑠璃色の空に浮かんだ雲が赤く染まっているのが少しこわくて、でも美しかった。 「世界が終わるときの色だ」  そう思った。優はわたしの頭を引き寄せた。ぴたりとくっついた体の右側が温かい。 「ただの朝焼けでしょ。いつもきっとこんな色。見たことないけど」 「ふうん。そっか。でもすごく綺麗。今まで見たことなかったのがもったいないくらい」 「うん。でも千世は朝早く起きれないからな」 「また……見たいな」 「うん」  話している間にすっかり姿を現した太陽は眩しく、目を刺すような光に涙が零れた。空はすっきりとした水色に変わっていた。
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!