ひとりめ

2/9
21人が本棚に入れています
本棚に追加
/32ページ
   0  どこにでもありそうな昔ながらの古本屋。  その店内を奥へ進むと、やがてバラの咲き乱れる小さな中庭に出る。  バラの間を縫うように舗装された小さな道の先には古い日本家屋が建っており、その軒先の看板には達筆でこう書かれていた。 『魔法百貨堂』  そしてガラスの引き戸にはボロボロの紙片に、これまた綺麗な、けれど可愛らしい丸文字で『萬魔法承ります』と貼られていた。  引き戸を開けた先には如何にも古そうなカウンター、後ろの大きな棚には、怪しげな品々が所狭しと並べられている。  そのカウンター越しに、一人の若い女性が振り返り、 「いらっしゃいませ。どのような魔法をお探しですか?」  そう言って、彼女はにっこりと微笑んだ。
/32ページ

最初のコメントを投稿しよう!