第1話

1/5
14人が本棚に入れています
本棚に追加
/26ページ

第1話

 その神社は梅雨の恵みを受けた木々が生茂る山の中、ポツンと空いた敷地の中央に建っていた。  周りはむせ返るような濃い緑だというのに、その神社は色褪せてみえる。鳥居も元は赤だったのだろうが、今は風雨に晒されてすっかり色が抜けてしまっていた。  神社に来るまでは鳥の声や虫の姿があったというのに、ここには生き物の気配を感じない。  周囲から置いてけぼりをくらったようなこの場所に、碧衣(あおい)は何だか心細さを抱いた。  それが今の気分に合っていたので、一歩足を踏み入れてみる。誰にも顧みられないここなら、自分がいてもいい気がしたのだ。  背を押すようにしけった風が吹き、豊かに波打つ髪をかきあげる。碧衣は彫刻のように整った顔をしかめた。  碧衣は石畳を渡って神社に近付く。両開きの戸の前には賽銭箱(さいせんばこ)は見当たらない。ひょっとしたら撤去されてしまったのかもしれない。  ここは、きっと捨てられた場所なのだ。  碧衣は階段の土と落ち葉を払うと腰掛けた。学生カバンは足元に置く。  両膝の上で頬杖をつき目を閉じると、どこか遠くでカッコウの鳴き声がした。  ここも少ししたら夕闇に飲まれてしまうだろう。電灯の一本もないのだから、日が暮れる前に帰らなければ。  頭ではそう想うのに足は動かない。  気詰まりな家を思うと、もうしばらくはここでぼうっとしていたかった。  鳥のさえずりと木の葉がこすれる音に耳を傾けていると、妙な音が混ざっていることに気付く。  とてもかすかな音だったので、初めは空耳かと気にしなかった。だが、次第にその音がする間隔が短くなり、どうにも無視できなくなる。 「ちーちー」 という小動物の鳴き声に似た音である。ネズミでもいるのだろうか。  声の主は碧衣の近くにいるようだ。耳をそば立てていると、鳴き声の他にカリカリと何かを引っかく音も聞こえる。  ひょっとして中にいるのだろうか。  立ち上がって格子戸を覗いてみるが、中は暗くてよく分からなかった。  見たところ、戸にカギはかけられていない。  一瞬、迷ったものの碧衣は戸に手をかけた。  
/26ページ

最初のコメントを投稿しよう!