04.猛獣に喰われる

1/1
1017人が本棚に入れています
本棚に追加
/11ページ

04.猛獣に喰われる

 角度を変えて唇を食む執拗なキスに、息継ぎすらままならない。  苦しさに喘ぐと、待ってましたとばかりに開いた唇の隙間から口腔内へ、クロードの熱い舌が侵入する。  後頭部を固定する手はそのままに、腹部を撫でながら下りていく手がカットソーとキャミソールの裾を一緒に捲り上げ、有季子の素肌へ触れる。 「んんっ」  手のひら全体で触れる手つきがくすぐったくて、身を捩っても不埒な手は離れてくれない。  ブラジャーの中へと入り込んだ指先がレースで縁取られた布をずらして胸の谷間へ伸び、右の乳房を大きな手のひらが包み込む。最初は弱く、時折痛みを感じる寸前の強さで揉みしだき始めた。 「あっ、止めて、はぁっ」  指先が時折固くなった頂を掠めていく。その度にアルコールを摂取して敏感になっている体に甘い刺激が走り抜ける。 「止めてと言いつつ、乳首は尖っているな」  色気のある低音の声を耳元へ流し込まれ、有季子の頬が羞恥と興奮で熱くなる。 「だって、ひあっ」  右乳首を親指と人差し指できゅっと摘ままれ、快感にしては強い刺激を与えられた衝撃で上半身を大きく揺らしてしまった。 「も、止めて」  止めて欲しいと口にしながらも、次の刺激への期待と体の奥から湧き上がる甘い疼きを有季子は自覚していた。拒み切れない悔しさと恥ずかしさから、涙が滲む瞳でクロードを見上げた。 「これ以上はだめっ」  服を捲り上げて胸へ触れるクロードの手を、有季子は両手で抱き締めて動きを押さえる。  ささやかな抵抗を試みているのに、誘っているとしか思えない蕩けた表情の彼女を見下ろしてクロードは笑った。 「断る」  きっぱりと言い切れば、有季子の表情がくしゃりと歪む。  どう頼んでも終わりにするつもりは無く、貪り食うつもりなのだと言い切る彼の貪欲さに絶望しつつも、心のどこかで喜んでいる自分を自覚して眩暈がしてきた。  カットソーの中にある手を押さえることに有季子が集中している隙を突き、クロードは後頭部を押さえていた手を下方へ伸ばす。  かちゃり、ジィィー、  ジーンズの釦が外され、ジッパーも下ろされる音に有季子が気付いた時にはすでに遅く、静止の声を出す前にクロードは人差し指と中指をショーツの中へ指を入れた。  薄い下生えを掻き分け、隠れているクリトリスの突起を探し当て人差し指の腹で撫でる。 「あっ!」  突然襲ってきた強い快感に、乳房へ触れるクロードの手を握った。  息を整える間もなく、秘所の亀裂を一回往復した中指が中へ入ってくる。 「はぁっ、あっ中に、入れないでぇ」 「ははっ、ぐちゃぐちゃだな」  スキニージーンズを履いたままではジッパーを下ろしても狭い隙間しか作れず、クロードの中指は第二関節までしか侵入出来ない。中指で掻き混ぜられる快感は緩いものだったが密着した手のひらがクリトリスを擦り、強い快感を生む。 「はぁ、ああっ、やめてっ」  指が出入りする度に、有季子の耳にはにゅちゅにゅちゅという水音が届く。自分から聞こえる音とは思いたくなくて、そしてクロードの指が気持ちよくて息を荒げている自分を認めたくなくて、目蓋を閉じて彼のシャツと乳房を揉む腕を握り締めた。 「ああぁ!」  人差し指がクリトリスを引っ掻いた瞬間、有季子の頭の中で快感が爆ぜた。  達したことで、きゅうきゅう収縮する膣から中指が引き抜かれショーツから出ていくと、脱力して崩れ落ちそうになる体をクロードが抱きとめる。  自分に凭れ掛かる有季子の上気した頬を一撫でしたクロードは、彼女を縦抱きにしてキッチンからリビングへ向かい、ソファーへと横たえた。  未だ呆然としている有季子の履くジーンズのウエスト部分に指をかけ、ショーツも一緒に脱がしていく。 「ちっ、脱がせにくいな」  スキニーとはいえ、ジーンズを脱がせるのに手間取りクロードは舌打ちする。  ジーンズとショーツを膝まで脱がされ、剥き出しの肌に感じる空気の涼しさで有季子の靄がかった意識が一気に覚めた。 「ちょっと、まってよ」 「待たない」  言い終わる前に強い力でジーンズを脱がされ、勢いで左の靴下も一緒に脱げる。  床へ放られたジーンズとショーツの行方を捜して顔を動かし、有季子は「あ」と声を漏らした。  胸の上までカットソーは捲れ上がり、ずれたブラジャーからピンク色の乳首がはみ出しており、下半身は何も身に着けないという半端な自分の姿が真っ黒なテレビ画面に映っていたのだ。  片足だけ靴下を履いたままの姿は間抜けに見えて、これでは全裸の方がまだいいのではないかと、上手く回っていない思考の中に僅かに残った冷静な部分で思う。
/11ページ

最初のコメントを投稿しよう!