クリスマスと妖精

1/1
20人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ

クリスマスと妖精

 妖精、それは困っていたり悩んだりしいてる人達にちょっと手を差し伸べる、そんな生き物である。 「――この裏切り者、死んじまえーっ!」  12月24日、クリスマスの夜、彼氏に浮気され一方的に別れを告げられた女性がいた。 「ぐすっ······地獄に落ちろ」  彼女の名は凛桜(りお)、クリスマスの日ということで何とか仕事の忙しい彼氏と少しでも会いたいと思い駅の外で待って驚かそうと思ったら······彼氏は他の女性と歩いていたのだ。怒りで問いただすと、 「僕はこの人がいい」  と言ってきてムカついてこっちから別れを告げたのだ。しかし、 「うっうっ······」  凛桜は近くの公園のベンチに座り泣いていた。怒鳴っていても彼の事が大好きだったから。  そんな彼女に、 「······となり、いいかしら?」 「えっ、だれ?」  隣を見ると、言葉を失った。  そこには自分の顔ほどの大きさと青い全身タイツを着てトンボのような羽の綺麗な人が、妖精が座っていた。 「な、なによ、あんたは?」 「ワタシの名前はサイネリア、妖精です」 『妖精です』なんて言われて信じる奴はいない。でもこんなに小さくて羽も作り物じゃないならと、 「よ、妖精があたしになんのよう、ぐすっ」信じてみることに。 「······見てたの」 「はあっ、なにを?」  サイネリアは眉にシワを寄せモジモジしながら、 「駅で彼氏に······その······」  彼女に泣き顔で睨み、 「、そういえばっ?」強くあたる。 「んで、見たからなに、あたしを嘲笑いにでも来たのっ?」 「ちがう!」  怖くてもそこは真剣な眼差しで否定し、 「ワタシの事が見えるのはあなたが、病んでいるから」 「あたしのせいってわけ?」 「そうじゃなくて、あなたが元気になるまでワタシがそばにいる!」 「はあぁーっ?」  ――彼氏に捨てられた彼女をその日に拾い上げたのはなんと、帰りのコンビニにもマンションにも浮きながら付いて来たので、 「あんた、ホントに付いてくる気?」 「うん、言ったでしょ? あなたが元気になるまでそばにいるって」  満面の笑顔に凛桜は呆れたが、もう独り······話し相手ぐらいにはと彼女をマンションに入れた。 「ほらっ、入れば」 「お邪魔します」 「······んじゃ、あとはスキにして、あたし寝るから」 「え、お風呂とか、入らないの?」 「そんな気分じゃないの、わかってるでしょっ、んじゃね」  帰ってきて早々と布団に寝る凛桜、妖精はしかたないと思い、ワンルームの周りを見渡すことにした。彼女が眠ったころ、タンスの上に彼氏と撮ったであろう写真。  どこかの遊園地か、青空で観覧車が後ろに写りその手前に笑顔の二人が本当に幸せそうな顔をしている。その横に手日記があったがさすがに勝手に読む訳にはいかないと、他にもコーヒーカップが水色とピンクがあったりとごく最近まで仲良かったのが伺える。  ひと通り目を通して、これは一筋縄ではいかないと思ったがなおさらどうにかしたいと思うサイネリアだった······。  夜が明けた早朝、凛桜は午前7時にスマホのタイマーで目覚めて、 「う〜ん、そのまま寝ちゃったか······はぁ〜」  昨日の出来事を思いだすと泣きたくなる。 「······あっ!」  妖精の事も思いだしたがあれは傷つき過ぎた自分が見た幻影と整理し化粧をしようと準備を初めると、 「起きたのね、凛桜さん」 「うわっ······やっぱり夢じゃなかった」 「ふふっ、これからお化粧ね」 「あ、うん、そうだった」  驚いたが仕事に遅れるわけにはいかないので化粧をさっさと済まし、車で職場へと向かった······。  車の中で、 「ねえ、あんた職場にも付いてくる気?」 「ええ、ダメかしら?」 「······来てもいいけど、邪魔だけはしないでよね妖精さん」 「わかってるわ、邪魔しない」 「······そっ」  後ろの後部座席に座っているのをバックミラーで見ながら半信半疑だがとりあえず納得する。
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!