転生家族

1/2
24人が本棚に入れています
本棚に追加
/2ページ

転生家族

 おい、貴志――と呼ぶ声に思わず反応し、俺は背後を振り返った。そこにはまだ二歳になったばかりの俺の息子、俊太が寝そべっている。まだ言葉もロクにしゃべれない。ましてや、俺のことを呼び捨てにするなんてあり得ない。何よりその声が――。 「どうしたの? 俊太のこと不思議そうに見つめて」妻の香織が不審がる。 「俊太が今、俺のこと呼んだ気がして」 「パパ(・・)って?」 「いや――」  残業続きで疲れてるのだろうか。そんなはずはない。ハッキリと聞こえた。絶対に空耳なんかじゃない。  俊太はゆっくり立ち上がると、俺のそばまで歩いてきて、「こんなにも素敵な家庭を持って立派じゃないか。俺は誇らしいよ」と、明らかに中年の声色で言った。  やっぱりだ……親父だ!  小学六年生のとき、両親は不慮の事故でこの世を去った。それから俺は母方の祖母に引き取られ、幼少期を過ごすことに。両親がいないことで苦労は多かったが、別に親が不貞を働いて一家を離散させたわけじゃない。だから俺は、それを宿命だと受け止められた。 「俊太として生まれ変われるなんて思ってもみなかったよ」親父は言う。 「おいおい……香織に聞かれるとマズい。もっと小声でしゃべってくれよ」信じがたい展開に飲み込まれるように、幼い息子に耳を寄せ、ひそひそと頼み込む。  これが輪廻(りんね)転生(てんせい)ってやつなのか? ついさっきまで愛らしさしか感じなかった俊太が、急にイカツク見えてきた。 「そう焦るなよ。これから長い付き合いじゃないか」笑顔はどう見ても無垢(むく)な二歳児だ。 「――夢……じゃないよな?」 「つねってやろうか?」  そう言うと俊太は俺の太ももをきつくつねった。 「イテッ!」 「やけに今日は俊太と仲良しじゃない」  何も知らない妻は笑う。おいおい、こいつどうやら俺の死んだ親父らしいんだぜ。訴えるように、香織と俊太へ交互に視線を送る。しかし、香織が気づくはずもない。 「なぁ、輪廻転生って信じる?」 「なに、それ?」 「生まれ変わりだよ。死んであの世に還った霊魂が、この世に生まれ変わってくるってやつ」 「そんなのあるわけないじゃない」  香織は洗濯物をたたみながら、バカにしたように笑い飛ばした。
/2ページ

最初のコメントを投稿しよう!