第三話・ページの暗号

4/4
105人が本棚に入れています
本棚に追加
/55ページ
 千空(ちそら)が付箋の貼ってあるページを捲ると、順番に行と字数の番号の文字をゆっくりと六人のメンバーが一個ずつ発表した。 「と」 「も」 「だ」 「ち」 「よ」 「り」  千空(ちそら)がページ番号が示す文字を確認しながら続けて読むと、美沙子がその暗号の意味合いを答えてくれた。 「友だちより……?」 「うん。この本は千空の友だちからのプレゼントじゃないかな。年上の男友だちで、千空を良く知っている人に心当たりない?先輩のバスケ選手とか、雑誌社の人とかさ。その作家名にヒントがあると思うのだけどね。ペンネームって本名に関連させて付ける場合が多いからさ」
/55ページ

最初のコメントを投稿しよう!