恋の人魚よ、さようなら

1/6
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ
海底の人魚の庭で目の覚める無口な(うお)が額をつつく どこまでもどこまでも海ふかい青われの世界はここです父よ うつむいたあなたの顔の映ってる水面ざわめき泣いてしまった 海水をスーツケースにぎっしりと詰め込んだ朝こぼさぬように ごめんねと体くねらせ泳ぐんだ鱗がすべる海かき分けて
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!