恋の人魚よ、さようなら

6/6
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ
死のにおい纏うナイフは狙うのだ愛がなくなる狭間のときを 恋しいと感じたままでいたいからさよならあなたずっとさようなら 帰るなら今よときっと言うだろうさざ波光り引いて迫って 足音をさせてわたしはゆくのです山のむこうもいるか蜻蛉は 残像は恋したしるし幾重にも綴じられてゆく胸の画集へ
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!