Ⅰ.倉知編 「はじまり」

1/1
3024人が本棚に入れています
本棚に追加
/17ページ

Ⅰ.倉知編 「はじまり」

「俺、明日からお弁当持っていくんですけど」  そこまで言うと、加賀さんが布団の中で「可愛い」とつぶやいた。 「え、何がですか? お弁当が?」 「お弁当、うん。俺のもついでに作ってよ」 「邪魔じゃないですか? 食べられそう?」 「明日は大丈夫だと思う」  加賀さんの仕事は昼休憩の時間が明確に決められていない。職場に戻らず外で済ませることが多いし、食べる暇がない日もある。  だから普段は作らないのだが、単純に、職場で俺の作った弁当を食べてくれるのが嬉しい。言ってみてよかった。薄暗い寝室で、満面の笑みを浮かべてしまった。 「わかりました。じゃあ二人分作ります」 「わーい」  スリスリしてくるのが可愛くて、抱き寄せた。 「寝ますか」 「待った」  スタンドライトの照明を落とそうとする俺を、加賀さんが止めた。 「明日からそれ、外さないとな」  あくび混じりにそう言われたとき、それとは? 何を外すのか? と間抜け面で熟考し、思い至った瞬間に愕然とした。 「これか……」  左手の薬指に目を落とし、重苦しいため息を吐く。 「三年以上、ずっと着けたままなのに。もう体の一部だし、外れないかもしれません」  往生際の悪い俺の腹の上で、加賀さんが笑った。 「教育実習のとき外してなかった?」 「え? あ、そうですね、そうでした」  教育実習は期間が決まっているから、今回とは状況が違う。俺は明日からずっと、教師なのだ。  ペアリングではあるが、加賀さんは休日にしか着けない。最近は休日でも着けないことが多くなった。忘れているのか面倒なのかはわからない。着けてくださいと強要はしないし、なんで着けないのだと責める気持ちもない。  俺もきっとやがてそうなる。二人とも着けなくなって、静かに、思い出に変わる。  ベッドの上で左手を天井に翳し、はあ、と息を吐く。  ついに、このときが。  指輪を外すときが、きた。  初めて自分で稼いだアルバイト代で購入した、思い入れのあるペアリング。外すのは忍びない。 「つらい」  うめくと、俺の胸板に頭を乗せて、加賀さんがまた笑う。 「社会に出るってそういうことだよ」  真面目な口調で言ってから、よしよしと俺の腹を撫でて、「俺とお前の分身が、仲良くお留守番してると思えばほっこりしない?」と、フォローした。 「分身が仲良くお留守番……」  可愛い単語の連続にときめいていると、加賀さんが俺の体を下敷きにして手を伸ばし、ナイトテーブルの引き出しを開けた。 「はい、片付けようか」  指輪のケースを開いて、俺の前に突きつけてくる。 「なんか、離婚するみたいで抵抗が……」 「お手」  加賀さんが差し出した手のひらに、ほとんど本能的に右手を置いた。 「おかわり」  なんだか逆らえない。わかっていながら左手をのせる。  薬指を握られて、根元をぐいぐいと引っ張ってくるが、関節に引っかかってなかなか抜けない。 「あれ、しぶといな」 「痛い痛い痛い、指がもげちゃう」 「はは」 「はは、じゃなくて」 「あ、抜けそう」  関節を抜けるとあとは早かった。あっさりすっぽ抜け、途端に落ち着かなさに囚われた。  指輪のなくなった薬指を見て、愕然とする。寂しさと喪失感で胸が痛い。 「跡ついてる」  何もなくなった俺の薬指を、加賀さんが擦った。  黙って目元を覆っていると、「何? 泣いてる?」と手をどかして顔を覗き込んできた。 「なんか、心のパンツを脱がされた気分です」 「面白いな。じゃあ物理のパンツも脱がしていい?」  加賀さんの手が、下着の中に入ってくる。  明日は五時起きだ。初出勤だし、寝不足になるわけにはいかなかった。  キスをしながら、布団の中で、二人とも、下半身だけ裸になる。  無駄のない動きで準備を済ませ、繋がった。  加賀さんもわかっている。時間をかけられない。体中にキスをしたり、抱きしめ合ったり、見つめ合ったり、愛を囁いたり、する暇がない。  合わさった体を揺すり、快感のみを貪って、二人で果てた。 「こういうの、多くなるのかな」  独り言に近い俺の言葉に、加賀さんは聞き返さず、「あー」と同意の色を含んだ声を漏らした。 「時短プレイ?」  言ったあとに、心底眠そうなあくびをして、俺のふところに潜り込んでくる。 「ただの性欲処理にならないか、心配で」 「ないない、ならない」  即答した加賀さんが面白そうに続けた。 「百万回言ったけど、愛があるからセックスするんであって。性欲処理って感覚は倉知君に対しては抱いたことがない。性欲が湧いたから倉知君で処理するんじゃなくて、倉知君だから性欲が湧く。俺はね」  感動で、「はあっ」と変な吐息が漏れた。 「真理ですよね。目が覚めました」 「いや、寝ようよ」 「それより、百万回も聞いたかな?」  小さく吹き出して、笑わすな、と肩を震わせた。 「あの、俺も、加賀さんだから性欲湧きます」  加賀さんが手探りで俺の頭に手を伸ばし、すごく雑に撫で回した。 「愛してる」 「加賀さん」  キュンとして、ホッとした。  わかっている。環境が変わっても、俺たちの関係には、なんら影響がない。 「もしかして、すげえすれ違うかもしれないけどな。あ、メンタルじゃなくてフィジカルな」 「夜ご飯とか?」 「まあ早く終わったほうが作ればいいし、それに夜は絶対一緒に食べなきゃいけませんってわけでもないし、各自で外食だっていいんじゃない? 臨機応変にやってこうよ」  夜は絶対一緒に食べなきゃいけません、と反論しそうになって、飲み込んだ。自分ならいい。今までもそうだった。加賀さんの帰りが遅いとき、よほどのことがなければ食べずに待っていた。  でも俺の帰りを待って、加賀さんがお腹を空かせているのは可哀想だ。自分が待つ分には苦痛はないが、健気に俺を待つ加賀さんの姿を想像してみると悲しくなって、涙が出そうになった。 「なるようになるよ。いずれ慣れるし、それが普通になる」  その通りだ。悲観して、変化を恐れていても始まらない。  なるように、なる。 「平日にセックスする余裕なくても、土日にめちゃくちゃイチャつけば、解決」  まったくもってその通りだ。というか、今までも土日はめちゃくちゃイチャついている。 「それいつも通りですよね」  返事がない。  寝息が聞こえてきた。素晴らしい寝つきのよさだ。  笑って目を閉じる。  いつの間にか心が軽い。  眠ることにした。
/17ページ

最初のコメントを投稿しよう!