0章

1/1
305人が本棚に入れています
本棚に追加
/222ページ

0章

 ビルの隙間から見える空は、切取られたみたいに細い。  そこにちっちゃく尖った、月。  明かりのない路地裏を照らしているのは、そんな頼りない光だけだった。 男は、仄暗い場所に無造作に足を踏み入れる。 暗がりに、傷だらけになった白い女の足だけが見えた。 「……来ないで」  怯えきった声が響く。  男は構わなかった。  近づくと、女は後退りする。 「……来ないで。私は、化け物なの」  押し殺した声で、女は訴える。 「ちがうよ」 「ちがわないわ。皆、私がいると気味が悪いって言う。私が化け物だからよ……」 「ちがうよ」 「私が化け物だから、お父さんもお母さんも……!」 「ちがうよ」  男は辛抱強く、繰り返した。 「君はちょっと病気に罹っただけだ」 「――病気?」 「俺は治してやることは出来ないけど、せめて少しでも苦しくないところへ、連れて行ってあげる」 「……助けてくれるの」 「うん」 「どうして?」  男は掌を上にして、女に向かって差し出した。 女は、しばらくじっとその手を見詰めて震えている。 けれどやがて、おずおずと自分の手を男の手に重ねた。  男はその手を引いて、一歩、女を月明かりの下へと導く。  光のある方へ。 「たぶん」  と、男は言った。 「たぶん、これは罪滅ぼしやねん――」
/222ページ

最初のコメントを投稿しよう!