前半戦

1/7
229人が本棚に入れています
本棚に追加
/15ページ

前半戦

 時計をちらっと見る。終業、30分前。  今日はデパートのバーゲン初日なので、仕事が終わったらすっ飛んでお買い物へ行くつもり。買いたかったバッグが30%オフのお値段になると、仲良くしている店員さんに教えてもらった。  夏にぴったりな、かごバッグ。ずっと探していたのだけれど、これ! というものがなかなか見つからなかった。でも、とうとう、出会ったのである。色は、上品なオフホワイト。中は巾着状になっていて、安心設計。通勤にも使えそう。  お得意さま特典で、今日一日だけ取り置いてもらってある。なので、売れてしまう心配はないけれど、早く買って安心したい。  ものごとに、絶対はない。アクシデントがあるかもしれない。  そのためにも、まずはしっかり仕事を終わらせないと。気持ちが焦るけれど、手を抜くのはだめ。思いもしないミスにつながる。丁寧に、でもスピードも大事。このままのペースで進めれば、5時には終われるはず。由梨花は集中して、作業の手を動かした。  うちの会社は家具を扱っている。いわゆるセレクトショップで、オリジナルブランドも展開し、全国に支店が十ヶ所ほどある。人気の家具店。 「由梨花(ゆりか)、内線。呼び出しかかってるよー」  商品部の先輩が、内線電話を取り次いでくれた。パソコンの画面から顔を上げると、先輩の頬が引きつっていた。え?
/15ページ

最初のコメントを投稿しよう!