僕はここで、明日を見上げる。

1/1
0人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ
 バースデーソングが聴こえる。  生まれて初めて、人からケーキをもらった。  巨大なチョコレートケーキ。  施設じゃ小さなタルトしか出なかった。  紅葉したメープルの葉が、風に乗って舞っている。  その中で、親友2人がにっこりと笑う。  「ハッピバースデー、ニゲラ!」  どうして私は夢を見ている?  ゆっくり目を開ける。  身体の感覚はない。頭も動かせない。  今の私は何だ? 人間か? それともロボットか? 死んだのか? ロボットにも死後があるの? この意識はニゲラなのか? それともトモなのか?  私は誰だ?  「おはよう、トモ」  声がする方に目を向けた。  そして、私はこみ上げてくる激情を我慢できなかった。  「どうして私が生きてるの」  彼は答えない。  「なんで私を使わなかった」  彼はコーヒーに口をつける。  「ねぇ、答えてよ」  音声の出力を最大にする。  「答えてよ、ココ!」  あの夜ぐっすり眠っていた少年は、少しくたびれた壮年になっていた。  「何年経った? あなたは今何歳?」  「あれから23年経った」  ココは私の身体に迷いなく管を通しながら作業を続けている。  「僕は38歳になる」  「聞きたいことが山ほどあるんだけど」  「僕も話したいことがたくさんある」  「私からのあの伝言は聞いているんだよね?」  「すり切れるほど」  「タイムスリップは?」  「していない」  「なんで?」  「君と一緒に帰るつもりだった」  「……そんな、子供みたいな」  「子供だったさ、今もね」  「……私と同い年になっちゃったじゃない」  「君を作り直すのに意外と時間がかかった」  「私のことなんて……」  「トモが僕に相談なく遠くに行っちゃったのが悪いんだよ」  ココはいたずらっぽく笑う。  その表情に怒りはない。  その感情に曇りはない。  本当に心から、友人との再開を喜び、安堵していた。  「……それは私も悪かった」  トモは目を逸らす。  「さて、トモも無事目覚めたことだし、向かおうか」  「やっとタイムスリップってこと? 23年越しで」  「いいや、これから向かうのは現在の地球」  「---え?」  「タイムスリップはしない」  「……それは、私のパーツを使えないから?」  ココはそれを否定しなかったが、代わりにあるデータを飛ばした。  「君が眠りについてから、君が持っていた医学のデータを参考に、毎月ヘルスチェックをするようにしたんだ。君を直すために僕が壊れちゃいけないからね」  「ねぇ、この血管のところって」  「うん」  トモはこれ以上何も言えなかった。  ココは寂しく笑った。  「僕の身体は、タイムスリップの衝撃に耐えられない」  「……年齢的なせい?」  「いいや、初回からずっと」  「そんな」  「だから、せめて里帰りぐらいはしてみたくってさ」  「ココ」  「何?」  「早く私の腕を作って。接続して。電気を通して」  「僕のこと引っ叩くため?」  「あなたを力一杯抱きしめるため」  ココは微笑んだけど、すぐに眉間にシワを寄せて、歯を食いしばりながら作業を続けた。  トモは浮かぶ涙を見ながら「私も涙を実装すべきだったかな」と思っていた。  38年前、生まれたばかりのココを、何としても地球滅亡から救いたかった私の親友たちは、彼一人だけを船に乗せて宇宙へ飛ばした。地球の生き残りは彼だけだ。  彼が地球滅亡を知ったのは13歳の誕生日。  私が彼と出会ったとき彼は14歳。  私がパーツを使うよう伝えて全てのプログラムを差し出したとき、彼は15歳。  私を完成させるのに23年。  「トトとメメを知っていたんだね」  身体のセッティングが終わり、私は診察台の上に腰かけ、彼も隣に座った。  「……初めての友達で、親友だった」  「いつか話してくれるつもりではなかったでしょ?」  「うん。データが消し切れてなかったなんて、凡ミスにも程がある」  「でも、そのお陰で僕は君や両親を知ることができた」  「そのせいでタイムスリップできなくなった」  「それは違う。僕の身体のせいだ」  どんな気持ちで23年間を過ごしてきたんだろう。実はさっきからこっそり、宇宙船の記録部をアタックしているけど、強固なロックがかかっていて開けられない。さすがだ、抜かりない。  窓の外には既に、青い星が見えていた。  あまりにもあっけなく、あっさりと。  宇宙船は地球の海に着水した。  「大気圏突入で死んだらどうしようかと思った」  「まさか、もしかして死ぬかもしれなかったの?」  「1回なら耐え切れると思ったから」  「言ってよ!」  「君もね」  「うっ……」  「ごめん、僕はさすがに意地悪だった。もうやらない」  「私もやらない」  それから、重力に体を慣らして2週間。  「地球は独特な匂いがするんだね」  「まだ建物が残っているなんて……」  陸モードに切り替えると、トモの足は人間と同じになった。  「発信器。これでお互いの場所が分かる。有毒ガスとかの危険地帯はアラームが鳴る」  「これも君のオリジナルが作ったの?」  「いつか帰るかもしれないと思っていたから」  「ありがとう」  ほぼ40年ぶりの故郷。斜めになって木が生茂る信号を待ち合わせ場所にして、二人は別々の道を歩き出した。  トモはオリジナルのラボを見つけた。奇跡的に残っていたのだ。緑をかき分けて中に入る。  ニゲラは、下半身を隕石に押し潰されていた。  「白骨化した自分と出会うことになるなんてね」  通信機械にあと一歩手が届かなかった。だから、通信できなかったのか。  「オリジナル、悔しかったよね。よく私を作ってくれた。あなたの意思は私が受け継ぐ。この機械が朽ちるまで」  トモは丁寧に墓を作った。  ココは、地図を頼りに自宅へ戻った。  映像でしか見たことがない。なのに、なぜか知っている匂いがあった。探すと、バスルームで粉の洗剤がひっくり返ってぶちまけてあった。確かに嗅いだことのある匂いだった。記憶には憶えてないのに、鼻は憶えていた。トモが目覚めてから、泣いてばかりだ。  リビングに墓があった。トトとメメの名前があった。名も知らぬ誰かが埋葬してくれたようだ。  テーブルの上に、作りかけの機械が2つあった。ロボットだった。  「ニゲラと同じことをしようとしたんだ」  人格と記憶をコピーしたロボットを、打ち上げるつもりだったらしい。ビデオテープがあった。再生してみる。  「いつかこのビデオを見る、どこかの誰かへ」  「私たちには最愛の息子がいます」  「ココと言います」  「いつかあなたがココに出会えたなら、あの子に伝えて欲しいんです、私たちは」  映像が止まる。  「愛していたって、わかっているよ」  小さな機械2つを抱き抱えて、トモと合流する。  「ねえココ、探索中にいいところを見つけた」  「どんな?」  「ついてきて」  草すら一本も生えていないだだっ広い土地があった。  その真ん中に、大きな船があった。  「過去のデータと照合したんだけど、この場所は元々海だった。何かの理由で、完全に干上がったみたい」  「乗り込んでみても?」  「もちろん」  マストも帆もない、だけど大きな船だった。  「どんな人が乗っていたんだろうね」  「ノアの方舟だったのかもしれない」  「色んな動物がつがいになって乗ってたりして」  「もうすぐ地球は再編されたりして」  「じゃあ、洪水に巻き込まれないように船に乗っていなきゃ」  その時、ココがぐらりと体勢を崩した。とっさにトモが支える。  「疲れちゃったのかな。初めてこんなに歩いたから」  「そうね」  「すごくすごく眠くて」  「膝を貸してあげる」  「硬そう」  「失礼な。オリジナルよりは柔らかいはずだけど」  「じゃあ、お言葉に甘えて」  夕焼け空は星空に変わりつつあった。  「こんな風に星を見るなんて、13歳の僕は想像しなかっただろうね」  トモはココの髪を撫でている。我が子に母親がするように。  「地球はこんなにたくさんの音や匂いや風景があるんだね」  遠くで、鳥の群れが住処に帰っていく。風が吹き渡る音がする。  「僕は生まれてよかったと思ってる」  抱えた小さな機械2つが、カチャリと音を立てる。  ココはゆっくり息を吸って、トモを見上げて微笑んだ。青い瞳は何年経っても綺麗だった。  「僕は、トモと出会えてよかったと、心から思ってるよ」  「私も、あなたと出会えてよかった」  ココは嬉しそうに微笑んで、ゆっくり目を閉じた。  辺りはすっかり夜になり、天には星が煌々と輝いていた。  燃えるように明るい彗星が二人の頭上を横切って、消えていった。  「おやすみ、ココ」    人類史上最悪の世界になったのに、嘘みたいに病室は明るく清らかで、日の光が優しく降り注いでいた。カーテンが風に揺れる。  「さっきやっと寝たから、そっとなら起きないかな」  「静かにやれば大丈夫」  「ちゃっちゃとやろう。はい、じゃあパパとママ、ココに寄り添って」  母親に抱かれた赤ん坊が、まだ言葉じゃない音を小さく発する。  「はい、笑って」  カシャ。  「トト泣いてるじゃん」  「泣いたけど? てか、メメも泣いてるじゃん」  「えへへ。我慢できなくて。あれ、ちょっとちょっと、ニゲラ」  「まるでニゲラが生んだみたいだな」  「泣きすぎだって、ニゲラ」  スヤスヤ眠る赤ん坊は、何も知らずに小さなあくびをした。  春の暖かな風が、その病室を優しく包み込んでいた。
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!