21 124

あらすじ

両親が亡くなってから、村長の家で下働きとして貧しく辛い生活を送っていたカシムとパルマー。 しかしある朝、パルマーに「星」が見え始めてしまう。 村では「星」が見える者はありがたい吉兆の証「星の子」と

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

コンテスト『星降る夜に』入賞作品。

読み進めていくうちにクオリティーの高さに驚かされます。 物語の進行速度。展開。最後。読み手に分かりやすい登場人物の性格を表す描写。商業作品ではない短編作品にてこれほどベストマッチな作品は滅多に読めない
1件

この作者の作品

もっと見る