【巻頭歌】

1/1
266人が本棚に入れています
本棚に追加
/59ページ

【巻頭歌】

 ペギー  かなしい獣たちの話をするんなら、人間以上にかなしい獣は存在はしないと断言しよう  そしてもっとかなしいことに、この世界には人間より邪悪な獣も存在しないのさ  死んでなおこの世に未練を残す悪霊どもだって、この俺たちには遠く及ばないだろうよ  見渡す限り、どこまでいっても酷いもんさ  獣たちはどこにだっている  ああ、愛しいペギー!  我が魂の道しるべ!  俺たちがいずれこの地上を去る時が来ても、楽園へと誘う鐘の音は聞こえないんだ!  俺たちが残した足跡を見れば、汚らわしい血のこびりついた足跡を見れば、どこへも辿り着けない理由がわかるだろう!  何故ならここが天国で、何故ならここが地獄だからさ!  俺たちはもうずっと以前から、遥か大昔からそこに立っていたんだよ!          マーガレット・レイ・リンク 初期短編集「夜から生まれし獣」収録。 『親愛なる幼馴染にして天使。男勝りなブラッドリー・ジョーより贈られた手紙』  から、一部抜粋。
/59ページ

最初のコメントを投稿しよう!