エピソードⅠ --戦いの前奏曲--

1/3
12人が本棚に入れています
本棚に追加
/29ページ

エピソードⅠ --戦いの前奏曲--

 地平線の彼方に今まさに沈んでい行こうとする赤とオレンジ、そして黄色と白の混ざった二つの夕日が照らし出す壮大な風景───  夕日の前の黒々とした山脈は、二重連星の太陽の前に立つ巨大な恐竜の背びれのようにも見える。  そんな絶景を巨大円盤の縁、曲線階段の段の途中で眺める一人の少女がいた。  少女の名はマリーレ・トート・ビーラ。  空中に浮かぶ浮遊円盤都市『バルローネ・シャンゲリス』を守る守人の一人である。  深く曲げた膝を抱える彼女の深碧(しんぺき)色のギャザーミニスカートからは乳白色のすらりとした足が伸びているが、ふとももの付け根あたりまではレースの付いた黒いニーハイソックスで覆われていた。  夏の季節とは言え地上1500mを超える夕暮れの風が冷たく、彼女は薄い檸檬(れもん)色の長袖カットソーの上に薄いプラチナグレーのジャケットを着こんでいた。  ───と、突然、彼女の左横に、曲線階段の上から一辺が1cm程の白い金属製キューブが一つ転がり落ちてきた。  キューブは一つまた一つと勢いを増して転がり落ちてきて、その都度集まり、やがて身長が50cmほどのミニドロイドの姿になった。  しかし、4つあるはずの眼立方体(キューブアイ)の2つがまだ集合していないようであった。 「何をしているのかしら?...テオドール?」  マリーレは彼女の左隣で構築されたミニドロイドではなく、自分が座っている段より一つ下の段の正面あたりを見つめながら言った。  そこにはマリーレを足元から見上げている眼立方体(キューブアイ)の1つが鎮座していた。 「やあ、マリーレ、夕日は綺麗かい?」 「・・・あなたは、何を見ているの?」 「夕日に照らされた君の綺麗な姿さ・・・でも、本当の色は白かな?」
/29ページ

最初のコメントを投稿しよう!