【水面の鏡編】夕占

4/4
78人が本棚に入れています
本棚に追加
/124ページ
 桜の上と話した日の夜。  本当に突然の出来事だった。  眠ったわらびの身体を揺り動かすものがあった。見覚えのある黒いもや。わらびの名付け親であるもののけ、不知(しらず)が少女を上から覗き込んでいた。あいかわらず、どこに目鼻があるのかよくわからない姿形をしている。 「どうしたの、不知(しらず)」 『む……』  不知(しらず)は近くで眠るふちを気遣ったのだろう、やや声をひそめながら言う。 『実は拾い物をしたのだ』 「拾い物」  わらびは自分を指さした。わらび自身も不知(しらず)に会って、名前を付けてもらった身だ。わらびも、もののけの拾い物だ。 「いや、わらびではないのだ」  不知(しらず)はずずっと横にのいた。すると、黒いもやの影にいた白いものが身じろぎする気配がした。  目を凝らしてみると、それはわらびよりずっと小さな幼子だ。まだ年が三つか四つほどに見える。ぼさぼさの髪をした女の子どもだ。  ただ、肌は恐ろしいほどに青白く、右目はどこでもない虚空を見ているようだった。もう片方の目は空洞だ。黒くて、何もない。  わらびを前にしても表情を変えることなく、ただ右手の人差し指をしゃぶっていた。  ああ、そうか。この幼子は……もう化人(ひと)ではないのだ。 『この子は忌辺野(いみべの)にいたのだ。ただ、何をするわけでもなく、ぼうっと立っておった。昼も、夜も。いつからそうしておったのかはわからぬ。話をしようにも、話そうとせぬ』  わらびは己より小さな少女ににじり寄る。元は貧しい子だったのだろうか、衣はほつれ、ぼろぼろだった。  まるで、忌辺野で目覚めた時の自分のようだとわらびは思っていると、少女はおもむろに右目を押さえ、ゆらりゆらりと頭を振り始めた。  おやいけない、と不知(しらず)は言う。
/124ページ

最初のコメントを投稿しよう!