特集

内海の遊女 風待ちの港 沖乗りの島

沖の遊女のお千代が、人生を楽しんで生きたいと奔走する物語です。

青丹よし

歴史・時代 連載中 過激表現
5時間3分 (181,556文字)
ふつつかな作家ですが、よろしくお願いします。

56 269

あらすじ

三崎島の玉洗いの港で”沖の遊女”として働くお千代の物語です。 自由に生きようとする彼女には様々な試練が待ち受けています。 捨て去った過去、遊女としての現在、そしてこれからの未来。 さて、お千代はどんな

感想・レビュー 2

感動と元気を頂いています

まだ25頁ほどまでしか拝読していませんが、拙文失礼いたします、、 遊女と付いているのに爽やかで躍動感のあるタイトルに惹かれて読み始めました。中身の物語も、まさにタイトルの通りだなあと感じています。 ド
2件2件

境遇がどうであれ明るく生きる主人公の話!

一応、7ページまでの感想を失礼しますm(__)m 題材的に、どろどろとしたイメージを先入観として考えてしまうのですが、彼女が前向きに明るく生きている姿はその背景を忘れさせてくれるほど! 彼女だから
3件2件

この作者の作品