パラレルパラソル

記憶の中の父はいつも傘を差していた。

五十定 晴夫

2分 (883文字)
お読みいただきありがとうございます。

3 13

あらすじ

雨男の父親に対する主人公の思いは、小学校、中学校、高校、大学、社会人と彼が成長するたびに移り変わっていく。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品