ブラックチェリーは春だけですが

1/4
35人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ
 ピンポーン!  その音を聞いた私は反射的に番号モニターに目をやった。  音を理解するよりも先に身体が動いてしまった自分に気付き、ああ教育されてるな、と実感する。  黒いモニターに映った赤色の番号は『23』。時刻は午後3時。  ――きっと、だ。 「オーダーいってきます」  厨房にそう言うと「あいよー」と雑な返事が返ってくる。私は注文シートを持って『23』テーブルに向かった。  そこには案の定、彼がいた。  白Tシャツにジーンズというシンプルな恰好で黒いノートパソコンを広げている。  髪の毛はボサボサだが、その奥の瞳は綺麗だった。 「ご注文はお決まりですか?」 「このブラックチェリーパフェとコーヒーを1つお願いします」  その注文は予想通りだった。  彼はいつも春限定ブラックチェリーパフェとコーヒーを頼む。 「コーヒーに砂糖とミルクはご利用ですか?」 「じゃあ砂糖2つとミルクを1つください」 「かしこまりました。少々お待ちください」  私は注文シートに書き慣れたオーダーを記入して、小さくお辞儀をしてから厨房に戻った。
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!