今日は僕の奢りで

1/5
20人が本棚に入れています
本棚に追加
/5ページ
俊は同じサークルで片思い中の沙希を誘って赤と緑のロゴが特徴的なイタリアンなファミレスへと来ていた。 4人掛けの席で沙希と向かい合う俊の緊張は高まっている。 「今日は僕が奢るから好きなものを頼んで!」 俊が良かれと思って言うが、本来気になる女の子を食事に誘って自分が奢るなどということをアピールするのは得策ではない。 そのことに気が回らないくらい俊はとにかく良いところを見せないとと焦っていた。 そして幸い沙希もそんなこと特に気にとめず、「そんな、悪いよ…2人で半分ずつ払おうよ。」と割り勘を提案する。 「いや、今日は僕が誘ったんだから僕に出させてほしい。」 俊がキッパリと言うので沙希は「ごめんね、ありがとう。」と微笑み提案を受け入れることにしたのである。
/5ページ

最初のコメントを投稿しよう!