プロローグ

1/1
252人が本棚に入れています
本棚に追加
/227ページ

プロローグ

ーー西暦1010年。 時は、平安時代。 烏帽子に文官束帯を身につけた貴族の男が、寝殿造りの庭園で遣水のせせらぎを感じていた。 彼の小脇には、宮廷で一緒に暮らしている白猫が抱えられており、隣には一人の女性が立ち並ぶ。 桃色の小袿に身を纏ったその女性は、男と同じく貴族の出身でありーー男の正妻だ。 彼女は、今にも涙が溢れそうな瞳を揺らしながらも、真剣な眼差しで男を見つめる。 「そんな悲しい顔をするな」 女性とは裏腹に、男は穏やかな笑みを浮かべていた。 「病には勝てないからな。私はもうすぐこの世を去るが、君に会えてとても幸せな人生だった」 女性は涙を流し、猫は無垢に喉を鳴らす。 男は、やはり笑顔を絶やさないままーーこう続ける。 「しかし、確かにこのままお別れは少し寂しい。 願わくば…… 生まれ変わっても、また君に会いたい」
/227ページ

最初のコメントを投稿しよう!