逆プロポーズは単刀直入です!

1/20
5701人が本棚に入れています
本棚に追加
/205ページ

逆プロポーズは単刀直入です!

 時刻は午後十時過ぎ。誰もいない医局の片隅で、私は今夜も顕微鏡を覗いていた。  オペ技術を向上させるには、実際にオペを経験するか、先輩医師の技術を何度も見て、練習するしかない。  ハサミ、吸引機、バイポーラ。昼間見たオペで、それらの器具を華麗な手つきで操っていた、小田切(おだぎり)先生の手の動きを思い出しながら、顕微鏡のわずかな視野の中で手を動かす。  医師としてはまだ若い三十六歳にして、天才脳外科医と呼ばれている彼の技術に、少しでも近づくために。  脳の外科手術はわずかな操作のズレで患者の死を招く、繊細なものだ。だから、たとえ私の手元にあるのが生身の患者でなくただのガーゼだとしても、一瞬も気を抜くことはできない。  そんな、張りつめた緊張感に身を置いていた私の耳に、ふと誰かの足音が近づいてくるのが聞こえた。それでも目の前の作業に集中していると、医局のドアが開く。 「またこんな遅くまで残ってる……。愛花(あいか)先生、もう帰りなよ」  この甘ったるい低音ボイスは、先ほどから私の頭の中で完璧なオペを繰り広げる小田切純也(じゅんや)先生だ。  優れた脳外科医である彼はこの病院の御曹司でもあり、病院中のナースの憧れの的である。
/205ページ

最初のコメントを投稿しよう!