<1・スター>

3/4
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/28ページ
 日本どころか、世界中で行われている画期的な研修。世界が共同開発したポッドに入って、バーチャル世界で一般的なマナーや社会ルールを学習するというものである。日本は中学を卒業してすぐ働く人間はそう多くはないが、それでも義務教育がそこまでである以上中卒で仕事をする者もいないわけではない。社会出て仕事をするようになる前に、法律や社会的な常識をきちんと学んでもらおうということで始まった政策であるのだという。  普通の授業と違う最大の点は、一人ずつポッドに入って睡眠状態に入り、バーチャル空間で講義を受けるということによる効率性。普通に講義を聴かせるより、遥かに情報を脳に浸透させ、理解させやすくなる点であるのだそうだ。  洗脳教育のようで気持ち悪い、と言っている者もいるが。実際問題、このポッド研修を導入するようになってから、日本も含めた全世界で犯罪者の数が激減。それにともなって取締などの費用が減り、浮いたお金をどんどん貧困層の支援に当てることができるようになって経済的にも非常に良いループが出来上がっているらしい。ポッド研修は一日で終わる。中学を卒業する年に、みんな忘れずに受けましょうね!と口がすっぱくなるほど先生には言われていた。 「胡散臭いと思うんだよなあ。中学卒業の年に、全員がポッド研修を受けなくちゃいけない法律とか。洗脳教育っぽくて気味が悪いって、俺もそう思うよ。犯罪抑止になる、治安がよくなるってのは良いことだけどさ」  俺はそんなの受けなくても犯罪なんかしねーもん、と兄は小さな子供のように唇を尖らせた。それはそうだろうな、と僕も思う。進学校に行けるだけの頭があるからというだけではない。兄は昔から非常に正義感が強い人だ。高校は普通科に入ることにしているが、将来は教師か警察官で本気で悩んでいるというのだから凄い話である。兄の頭と運動神経があれば、どっちに行っても問題なくやれそうだ。  僕としては、学校の先生も悪くないけれど、やっぱり警察官になって欲しいという気持ちがある。お巡りさんとしてびしっと街を守るなんて、ヒーローみたいで非常にかっこいいではないか。  だからこそ、少し意外ではあるのだ。兄が、面倒くさい、だけの理由でポッド研修を訝しんでいるわけではないことを知っているから。 「兄ちゃん、犯罪者は減った方がいいって言ってたのに。それでもポッド研修はあんまりよくないって思うわけ?」  僕がそう尋ねると、うーん、と彼は少し悩んで返してくる。 「いや、犯罪はない方がいいと思うけどさ。犯罪って、起きるべくして起きるみたいなところがあるというか?例えば、パンを万引きしちゃう子供がいるとするだろ。その理由が、親が子供を家にほったらかしにして遊びに行っちゃってるからだとする。それだと、子供にいくら“万引きはだめ”って教育しても意味ないじゃないか。だって、万引きでもしないと飯が食えなくて死ぬんだから。解決するべきは子供の万引き以前の問題で、子供をほったらかしにする親の方だろ?」 「まあ、それはそうだよね」 「犯罪も戦争も同じだ。それそのものがいけない、って叫ぶだけじゃ解決しない。その原因を叩かないと意味がないんだ。犯罪や戦争がダメだというのなら、“犯罪や戦争をしないと生きていけない”状況そのものを回避する努力をしないといけない。そうじゃなきゃ、逃げ道を奪われた弱い人からバタバタ死んでいくだけだ。……この国は犯罪者の数こそ減ったけど、人口は全然増えていかないだろ?あれは、産まれた分どんどん弱い人が死んでるってことだと俺は思うんだよなあ……」
/28ページ

最初のコメントを投稿しよう!