1

1/4
67人が本棚に入れています
本棚に追加
/43ページ

1

『…また、連絡するから。』  西野さんが、電話の向こうでそう言った。  あたしは無言で受話器を置く。  華道と音楽一家の家…なんて言うと変だけど。  そんな家に生まれたあたしは、家族の中、唯一のOLで。  父はF'sっていうバンドのボーカル、神 千里。  母は、SHE'S-HE'Sってバンドのボーカル桐生院知花。  双子の兄、華音(かのん)はDANGERってバンドのギタリスト。  妹の華月は、モデル。  …そんな中、本当に普通なあたし。  だけど、そんなあたしにも恋人はいた。  職場の先輩で、西野さんという五つ年上の男性。  いずれは結婚も…って話も出てて。  まだお互いの親に紹介もしてないのに、あたし達はマンションの下見に行ってしまった。  パンフレット片手に、幸せになろう、って…  あたしの頭を抱き寄せてくれたのに…  会社の飲み会の帰り。  近くの公園で西野さんを見かけて、近寄ると。 「あっ…さっ咲華(さくか)。」 「……」 「ちっ違うんだ。ここここれは、その…」  目の前で、西野さんが慌ててる。  そんな西野さんの隣で。 「あら、桐生院さん。」  その顔には見覚えがあった。  西野さんと同期の…椎名(しいな)さん。  バリバリに仕事ができて、あたし達女性社員の憧れ的存在。  そんな二人が…  抱き合ってキスしてた。 「…西野さん…どういう…」  あたしが低い声で問いかけると、西野さんは椎名さんにせかされるように。 「…おまえにはー…悪いと思ってるよ。」  って…一言。 「悪いって…」 「……」 「あなた、ちょっと秀人の足を引っ張りすぎじゃない?」  ふいに、椎名さんが髪の毛をかきあげながら言った。  …秀人? 「秀人はもっと仕事ができる人間なの。あなたのフォローばかりで、全然自分の仕事ができてない。」 「おい、そんな言い方…」 「いいじゃない。本当の事ですもの。」 「西野さん…あたしの事、そんな風に…?」 「……」  あたしの問いかけに、西野さんは無言。  …いつも仕事でフォローしてもらってたのは確かだし。  あたしも、甘えてた部分はあったかもしれない。  だけど…こんな形で、それを知らされるなんて… 「秀人。今、ここで決めて。」 「え?な、何を。」 「あたしか、桐生院さんか。」 「えっ…」  あたしは驚きのあまり、口を開けて二人を見ていたかもしれない。  ここで…こんな所で、西野さんに選ばれるか捨てられるかだなんて…!! 「あっ、咲華!!」  気が付いたら、あたしは駆け出してた。  西野さんの言葉が怖かった。  椎名さんを選ぶ。って。  その言葉を聞きたくなかった。  翌日、悔しい事に熱が出た。  それも、高熱。  仕事に行こうとしたけど、おばあちゃまに止められた。  こんなの、どう考えても、夕べの事があったからって思われそう。  負けた気がして…悔しい…  ともあれ、おとなしく寝ているしかなかった。  夕方、少しだけふらつきも取れて。  熱も少し下がったあたしは。  誰もいないのを確認して、会社に電話をした。  休む連絡は入れてたけど…  西野さんに、直接言いたかった。 「…咲華です。」 『ああ…熱って…本当か?』 「本当です…」 『確かに、鼻声だ…大丈夫か?』  優しい声を聞いてると、夕べの事が嘘みたいで…  泣いてしまいそうになった。 『…また、連絡するから…』  西野さんとの電話は、それで終わった。  受話器を握りしめたまま、あたしはその場に立ち尽くした。 「咲華?」  ふいに、聖に声をかけられて魔法からとけたみたいに体が動き始めた。 「えっ…何?」 「電話、奴か?」 「…奴だなんて。」 「奴でいいんだよ。ったく、咲華は人が良すぎるんだよ。」  あたしは、夕べ。  つい…聖に全部をしゃべってしまった。  悔しくて、どうしようもなくて… 「なんて?」 「え?」 「あいつ、なんて言ってきたのさ。」  聖はソファーに座ると、唇をとがらせて、あたしを見上げた。  大学四年で、あたしより三つ歳下のなんだけど…弟みたいな聖。  妹の華月と同じ年の同じ日に生まれたから、あたしと双子の華音にとっては双子の妹弟がいるみたい。 「…また連絡するって。」  意を決して打ち明けると、聖は一瞬息を飲んで。 「くっそ…何かすっきりしねえな。」  って、ますます唇をとがらせた。 「仕返ししてやれよ。」 「仕返しだなんて…」 「あいつを見返すほどのいい男連れてさ、目の前で見せつけてやれよ。絶対悔しがるぜ?」 「無理よ。あたし、そんな度胸ないし…それに、そんな知合いいないもの。」  あたしが首をすくめて笑いながら聖の隣に座ると。 「また、無理して笑う。」  聖は、あたしの額を指ではじいて。 「おまえ、もっと自信持てよ。結構いい女なんだぜ?」  って、真顔で言ってくれたのよ…。
/43ページ

最初のコメントを投稿しよう!