五分の退屈と焦燥

妄想コンテスト「あと5分」参加作品

浅羽メグ

青春 完結
3分 (1,727文字)

3 74

あらすじ

同じ「5分間」でも、長く感じる時、短く感じる時、あると思う。篠塚博は学校のテスト中、そんな5分間に退屈したり焦ったり……

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

誰もが通り抜ける5分間の過ごし方に共感

文月さん、拝読しました。 テストに一喜一憂していた学生の頃が懐かしく思い出されます。同じ時間でも人それぞれ感じ方が違うんだなと、その場にいるように頷きました。緊張をほぐす、仲間の絆が伝わる心地よいお話
1件

その他情報

公開日 2020/8/2