本文

3/3
27人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ
 オレは小さなため息を吐いて、あきらめて立ち上がった。 見ると、居間の狭いテーブルの上はオレたちが飲み食いした残骸で埋め尽くされていた。 宴の後片付けをして、ほぼ屍のコイツをどうにか動かさないと。  キッチンへと向かう前に今一度、見下ろす。 「うぅーん、水まだぁー?」 呻くだけならまだしも、アノ形の良い尻を無造作にボリボリと掻いたりする。 いくら自分のモノだからってひどすぎる。 オレは揉むどころか、触ることすらためらったというのに――。  まるでナマケモノだな。と何の脈略もなく不意に思い付く。 コイツは会社ではバリバリとまではいかないが、それなりにテキパキ仕事をする方だった。 今はこんなんだけど。 ――だから、女性社員にも人気があった。  持ってきた水が入ったコップを左頬へと当てた。 「気持ちいー」 「ホラ、起きろ。飲め」 「うーん」  素直に起き上がったことはおきあがったのだが、よりにもよってコイツときたらオレへと抱きついてきた! 「――オマエ、マッサージ上手過ぎ。思わず寝落ちしちゃったじゃん」  コップの中の水が零れないようにと、空いている左手も動かせないオレに一方的にもたれ掛かってくる。 木にぶら下がるナマケモノをオレは思い浮かべた――。                 終
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!