徳川幕府の変革期

1/21
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/92ページ

徳川幕府の変革期

『 時代の変革が始まろうとしていた、、 』 将軍徳川家茂の死去、、、 徳川幕府は、次の将軍候補に誰を選ぶのかと揉めに揉めていました。 ある家臣からは、一橋慶喜を推薦していました。 ところが大奥では、猛反対されています。 しかし、他に候補者が見つからないでいました。 其処である家臣が、徳川家茂の弟、家望はどうだろうと言うのです。 だがしかし、家望は死んだことになっていたのであります。 実は、謀反を起こした罪で対馬に島流しになっていたのでありました。 それでも、大奥を納得させられるか?でありました。 其処である家臣は、こう提案したのである。 其れはというと、『西国無双の美女』と言われた虎姫様を正室に迎えることです。 大奥では、『西国無双の美女』虎姫様は絶大な人気を誇っています。 「しかし、、虎姫様は、細川藩の側室ではないか?」 「側室とは言っても、お城に住んで無いのですよ、」 「へぇ、其方は良く知っておるなぁ、、」 「それでは、細川藩に行って参ります、、」 家臣の一人は、細川藩の説得しに行くのであります。 別の家臣は、対馬に島流しになっている家望様を連れて参ることでありました。
/92ページ

最初のコメントを投稿しよう!