しとしと雨の降る日には。

10/10
26人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ
 舌打ちが誰もいないアーケード街に響いた。 「また、面倒くさい約束を……」  男は、噴き出た汗を腕で丁寧に拭い取った。このままでは、相当な呪縛を抱え込んだまま死んでしまう、と一抹の不安を抱きながら。  ふわふわと天窓から何かが降ってきて男の頭に落ちる。見ればそれはボロボロの短冊だった。  男は静かに笑みを浮かべると、短冊を丁寧に懐へと仕舞い込んでどこかへと歩き始めた。  涙の跡が残る短冊には、震える字でこう書かれていた。 「一人じゃない。ずっとずっと忘れない」
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!