Chapter1. 『恋する花嫁』

1/12
26人が本棚に入れています
本棚に追加
/98ページ

Chapter1. 『恋する花嫁』

久方ぶりに貴方から話しかけてくれて、私は浮かれていた。 その低く心地のよい声で名を呼ばれ、頭の芯まで痺れるような陶酔を味わった。 また、やり直せるのだと思っていた。 なのに、どうして? どうして笑いながら、そんなおぞましいことが言えるの? どうして、どう考えても正気ではないことを口にしながら、そんなにも愛おしそうに私のことを見つめてくるの? ――貴方は……狂ってしまったの? ……私の所為で?
/98ページ

最初のコメントを投稿しよう!