プロローグ

1/1
58人が本棚に入れています
本棚に追加
/120ページ

プロローグ

 なぜ、こんなことになっているんだろう?  私が一体何をしたというんだ? 「主文、被告人 一ノ瀬 (こう)、現在より人生10年のリセット、及び時間操作能力の一切の禁止を命ずる」  鼻から息が漏れて笑みすら零れた。  このバカみたいな主文(はなし)に。  目の前で起きているこの出来事を現実として認めるだなんて、どうかしているだろう。  けれど、私の弁護人としてついたこの無能の(おさななじみ)のことだけは。  今ここにいる誰よりも信用するしかなかった、この男だけは私の現実だから。  なのに無情にも、(あお)は酷く悲しい色を(たた)えた瞳で私を見据えこう告げた。 「何度も忠告はしてきたつもりだ、自業自得だよ、紅」  忠告?! いつ、誰が何を忠告したっていうの?!  が忠告だったというならば、もっと具体的に言えば良かったじゃない!  私はそんなに悪いことをしてきたつもりはない、絶対に!!  怒りに震える私を、碧は(さげす)んでいるのか、ため息をついて何も異論などないかのように机上の書類を片付けだす。  待って、ちょっと待ってよ!! 「異議、あり!!」  何も言わない弁護人に代わって、震える拳を握りしめたまま自分自身を弁護するつもりで異議を唱えた。 「被告人の異議は認めません、以上を持って判決を終了いたします」  感情を持たない無機質な声と黄金のガヴェルが鳴り響き、法廷内に終了を告げた。
/120ページ

最初のコメントを投稿しよう!